日々響

日々響

マイペースに書きたいことを書いてます。って言いながら気が向かないので書いてないです。

ワンウィワンマン『WonderBox』感想

ワンダーウィードの4thワンマンであり2周年記念ライブでもあるライブへ行ってきた。

 

自分がワンウィを初めて観たのは木曽三川公園で行われた年末のカウントダウンライブだった。そう考えるともうあの時から半年以上も経ったんだなぁと思うと同時に、こんなにハマるとはなぁと思っていたら自然と頬が緩んだ。

何せこの半年間対バンで観ることはあってもワンマンで観るのは初めてだった、楽しみにせざるを得ない。

 

 

ワンマン当日。当然有給を取り午前中からゆっくり高速バスで東京へ向かう。

「バスの中でたくさん寝られるから前日は夜更かしするかーwww」なんて余裕をかまして夜ふかしをしたら結構身体にガタが来てた。

まだ20歳なのに老いを感じずにはいられない。

学生時代からの老いの早さからして、あと3年もしたら寝たきりになるんじゃないかって頭によぎるほどだ。歳をとるとはこういうことか。

 

 

いや、そんなことはどうでもいい、、自分は好きなグループのワンマンを見るために東京へ来たんだ。若干の体調不良も体力の低下も関係ない。全力で楽しもうではないか。

 

そう心に決め、東京へ到着。

久しぶりだなダイトカイトーキョー...!!(約1ヶ月ぶり)

ワンマンの会場は赤坂BLITZ。よく耳にはするが、何気に初めて行く箱だ。

 

前日に特典会のレギュが公開され、「あれ、これ、チェキ撮れないんじゃね...?」と不安な気持ちだったけど、思ったより物販列が長くなく割とすんなり買えた。ワンウィは推しとしかチェキを撮ったことがなく、今回も当然の如く推しのみのチェキ×3を購入。あとはタオルとランチェキ×2。先行物販って響きがワンマンっぽいなぁなんてちょっと感動しながら、開場を待つ。

 

f:id:days-resound:20170729104724j:image

 

 美味しそうだったので、つい...

 

 

 

今回のライブはSチケットの人のみピクチャーチケットに変えられ、特典ももらえるとのこと。

f:id:days-resound:20170729104949j:image

何気にピクチャーチケットというものはあまりお目にかかれないからこういうのは一般的なチケットよりも記念になるし嬉しい。

Sチケットを買うと2チェキ、楽屋訪問、オフ会参加、サイン入りポスターのどれかが当たるという太っ腹な特典付き。

ちなみにチケットの特典は2チェキだった。安定。

 

 

そしていざ入場。のんびり開演を待つ。

ライブハウスは基本スタンディングだからこの開演まで待つ時間が一番だるかったりする。今回は連番相手がいたから何とかなった。

 

 

数十分くらい押してからついにワンマンスタート。「1曲目は絶対六等星だわー、分かるわー、俺には分かるわー、1曲目は六等星だわー」なんて思ってたら本当に六等星だった。

 

単純に1曲目に合う曲調でもあるし、「今は六等星だけどいつかは誰もが気付く一等星」という曲のコンセプトがこれまでとこれからのワンウィのストーリーを表してるのかな、と思いながら最初から沸きまくる。

 

今回のワンマンは持ち曲全てをやるらしく、聴いたことのない曲がたくさんあったのでそこも楽しみにしていた。

 

六等星が終わり、夜空の列車、アオイホシと続く。個人的にめちゃくちゃアオイホシが好きでこの曲がアンコール後で流れたら絶対泣くなあと思ってたら割と序盤に来た。

関ヶ原で観たアオイホシが日が落ちている中での一番大きな野外ステージだったからとんでもなくエモかったが、今回のアオイホシも良かった。この辺りで、照明やらモニターやらが結構凝ってることに気付いた。

 

ワンマンの良いところはそのグループの特色が表れる所だと思うから、こういう「ワンウィのワンマンはこういう演出だ!」という意思?みたいなものが伝わるのは楽しい。

 

その後の楽曲も超楽しい。ワンウィにこんなにハマった一つの理由として「楽曲の良さ」があるし、今回のワンマンは生バンド。ワンウィの楽曲は本当に生バンド映えするものが多く、普段とは違う「呼吸をする生きた楽曲」感が凄かった(伝われ)

 

UNITEが終わって、メンバーが捌ける。

ワンマンでの一つの不安材料として「メンバーの衣装チェンジの間、いかに飽きさせないか」だと思うし、ここでもグループの特色が現れると思う。ユニットに分けてその間に着替える、映像を流す、曲を流して早着替えしてノンストップライブ、色々な工夫があると思う。

 

今回のワンウィのワンマンは「ゲストが歌う、メンバーの一人が残り歌う、2年間の思い出が詰まったスライドショー」という演出だった。

 

ゲストのisaoさん自身が作った楽曲六等星を歌うというプチサプライズは笑ったけど、めちゃくちゃ盛り上がった。やっぱ煽り方うまいなー沸かせ方うまいなーって思いながら聴いてた。isaoさんが捌ける時にisaoコールが鳴り止まないのさすがに面白すぎる。好きだisao...

 

isaoさんが捌けてメンバーが登場したが、黒のマントで身を隠しているではないか。

なんだ!?新衣装か!?と期待していたら本当に新衣装だった。

ワンウィの衣装は黒なイメージが多かったけど、今回の衣装は白。

正直めちゃくちゃ好き。今までの衣装の中で一番好きな自信がある。ワンマン限定の衣装ではなく、特典会の時に聞いてみたら今後も着るらしいので高まった。ありがてえ。

 

愛のマグナムが終わって次の曲のイントロがかかる。かかった瞬間のあのフロアの沸き具合よ。みんな大好き欲張りGIRL。

今までで一番沸いてボルテージがMAXに。そして気付く。「Sチケット特典Tシャツ汗めっちゃ吸うやん...」

 

そして次の曲はParallel World。好きだ。推しパートがたくさんあるし曲も良い。

 

その後は小さな花をリーダーソロで見事に歌い上げる。うめえ...。こういう贅沢なことはワンマンでしか出来ないだろうしこれが見れただけでも来た価値があった。

 

小さな花が終わりメンバーは私服衣装に着替え、デート気分を味わえるような恋愛チックの楽曲が続く。

 衣装と楽曲のコンセプトが合ってるし最強に可愛くていわゆる「頬緩みタイム」だ(そんな時間はない)

 

その後は定番の沸き曲で攻め、最後は予想通りBANJIKYUSU PARTYで締め。

 

ワンウィのライブではサークルに入ったことがなかったけど、今回のワンマンはなんだかんだ全部入った気がする。

Sチケット専用エリアとその他のエリアで区切られていたけど、そんなことはお構い無しにフロア全体でサークルが出来上がって盛り上がる光景はかなりアツかった。

 

全く関わることのないであろう人、見ず知らずの人と一緒に同じ場所で、同じ瞬間を同じ目的を持って盛り上がっているこの刹那的な空間は何度体感しても最高に楽しい。

 

『同じセトリのライブはあったとしても、全く同じライブは2度とない。』

明日の身体の心配や叫ぶ度に痛みに襲われる喉に対する不安な気持ち、この最高な時間はいずれ終わってしまうんだという儚い気持ちでさえも消し去るような瞬間が会場一体に訪れる度に、その言葉を思い出す。

 

 

 

アンコール後はメンバーのMC。普段対バンしかやらないと告知や自己紹介しかないからMCは新鮮で楽しい。

 

MC後は永遠青春GIRL、パプリカでエモい平和的な終わり方。

永遠青春GIRLを初めて聴いたが、正直すごく好み。青春を思い出させるメロディに歌詞で一番胸に響いた。これからも最高の青春を一緒に過ごそうな...!!

 

 

初めてのワンウィのワンマンで改めて感じたことはさっきも書いたけど楽曲の良さ。その楽曲に負けないメンバーのパフォーマンス。ワンウィを観たのは半年前だけど、その時よりも確実に煽りやパフォーマンスが向上してるのが目に見えて分かった。あと推しが最高に可愛い。

 

何より演出含めファンを楽しませよう、想いを届けようとする姿勢。月並みな言葉になるけど感動した。次のワンマンはいつになるかな、平日でもまた行きたいと思わせるライブだった。

 

 

ワンダーウィードさん、最高のライブをありがとうございました!!

f:id:days-resound:20170729114958j:image

 

 

一つのアイスを求めて

事の発端はこのツイートから始まった。

 

 

 

 

期間限定という言葉に弱い典型的日本人である自分が、そして推しが神と評価するほどのアイス、、、どれだけ美味しいのかが気になって仕方がなかった。好奇心に駆られた自分は、そのアイスを求めてペダルを漕ぎ始めたーーー(チャリ通勤)

 

 

1日目

 

回った店舗数:5店舗(コンビニのみ)

総移動距離:約6km

移動費用:0円(自転車)

 

会社から自宅までの通勤経路の途中にコンビニが5軒あるので、「まぁどっかのコンビニにはあるっしょ!w」くらいの軽い気持ちでコンビニに寄っていく自分。

甘かった。

事前に調査した所、セブンイレブンで売っていたとの情報があったのでコンビニなら大体売ってるんだなと思っていたがそんなことは無かった。さすが田舎。

自宅に一番近いコンビニ(5軒目)でふわっふわなんちゃらが売っていなかった腹いせにクーリッシュを買ってしまったのはしょうがないことだろう。パイン初めて飲んだけど美味しいねあれ!

1日目の収穫は「クーリッシュうめえ」だけでした。クーリッシュうめえ。

 

 

2日目

 

回った店舗数:21店舗

総移動距離:約15km

移動費用:0円(自転車)

 

 

2日目は行動範囲を広げ、会社から自宅へ帰る逆方向、全く普段通らない道だったりと、とにかくコンビニ、スーパー、ドラッグストア、、、アイスが売っている店舗をひたすら回った。

合計21店舗、2日間合わせて26店舗。結構田舎でも探せばあるもんだなあと関心したし、2日目は数々の出来事があって思い出深い一日になった。

特に数軒、印象深い店舗を掘り下げていこうと思う。

 

5店舗目

 

5店舗目は「普段よく見るけど入るきっかけもないスーパー」だった。スーパーの名前も聞いたことがないし、外装からして小さそうなので今まではスルーしていた。しかしアイスを求めてついにそのスーパーに入り、アイスを物色。

もちろん(?)目当てのアイスはなかったが、そのスーパー自体が当たりの部類に入るスーパーだという収穫があった。

お菓子類ジュース類が比較的安く、品揃えも豊富。小さい店舗ながらに満足だった。

 

これからお世話になるぞ、という意味合いも込めて記念にジュースを1本手に取りレジに並ぼうとしたら、レジの近くのアイス売り場のショーケースを小さな男の子がまじまじと見つめているのを発見した。

ポケットにはみ出した財布(もちろんバリバリ)があったので1人でアイスでも買いにきてるのかな、と微笑ましい気持ちになった。

男の子の様子が気になってレジに並ぶことをやめ、少しの間観察をしていたのだが(この時点で気持ち悪い)、どうやら買いたいけどお金がないのだろうということに気付いた。

俺にもそんな時代があったなぁ...(社会人ボイス)と思いながらそっと男の子に話しかけた。

 

自分「ぼく、どうしたの?アイス欲しいの?」

 

男の子「えっ...?(引き顔)」

 

社会的に害悪なオタクがこれからの社会を担う輝かしい未来の星に話しかける行為は思った以上に罪だったようだ。

 

なんやかんやあって打ち解けてハーゲンダッツを買ってあげたのであった。ませたガキンチョだ...

 

 

7店舗目

 

ドラッグストアにもアイスが売っていることに気付き(遅い)自宅から遠ざかってドラッグストアに向かい、アイスコーナーを物色。

 

そこにはなんと...!!!!

f:id:days-resound:20170706224233j:image

 

どうやらふわっふわなんちゃらの他にも似たような期間限定のアイスがあるようだ。なぜそのふわっふわなんちゃらだけがないのかは全くもって理解不能だった。

 

f:id:days-resound:20170706224350j:image

 

美味しそうだったのでなんだかんだ他のやつを買ってみた。美味しかった(小並感)

 

 

 

10店舗目

 

自宅の付近では一番大きなスーパー。正直ここに売ってなかったら諦めよう...と期待と不安を胸に抱きアイスコーナーを物色。

 

するとそこには...!!!!

 

f:id:days-resound:20170706224623j:image

 

 ふわっふわなんちゃら以外の似たようなアイスが...!!!(さっきの画像より何気に一種類増えてる)

 

f:id:days-resound:20170706224730j:image

 

ちゃんと明記はされているのでもしかしたら奥深くに...と思って我を失ったかのように物色するがなぜかふわっふわなんちゃらだけが一つもない。まいさんのツイートの影響力やばくね?(違う)

 

f:id:days-resound:20170706225000j:image

 

なんだかんだ買っちゃうやつ。

美味しかった。さっきのより個人的にはこっちのが好き。

 

f:id:days-resound:20170706225043j:image

 

期間限定並に弱い言葉"半額"に惹かれてつい買ってしまった。美味!

 

 

 

それからというもの、1時間以上かけて10店舗以上回ったがまさかのふわっふわなんちゃらは見つからず。

 

しかし、美味しい(らしい)アイスを求めてたくさんの店舗を回り、普段食べないようなアイスを買ったり行かないような店に入るきっかけができたりと、今回の2日間の冒険(?)は充分収穫があった。

あと、自分の行動力って凄いな...と若干引いてしまった。推しがこのアイス神って言っただけで21店舗も回るって結構気持ち悪いよね。

 

結果的には目的のアイスは食べられなかったけど、笑い話が一つできたし何より推しの発言一つで人生に良い刺激を与えてくれることを改めて実感できましたね。良き2日間でした。推しに感謝👏

 

わーすたのzepp公演は凄かったって話

よーし今までクソみたいな記事しか書かなかったから(削除済)そろそろ本気で記事書くか〜〜〜〜〜と思い始めて数ヶ月。

 

究極的に3日坊主な自分は日記はもちろん自分の書きたい!と思った記事すら全く書かなかった。

ブログを毎日書く人って本当凄いと思う。

気が向いたら書こうと思っても気が向くことが無い。マヂムリ、、、

 

しかし!!!!!そんな重い重い腰をあげる時が来た。

 

4/22に行われたzeppでのわーすたのLIVE。

さすがにあんなもの見せられたらブログにまとめるしかないでしょ〜と思い、完全に自己満だけど感想や何やら書きなぐっていくよ。

 

 

zeppでの公演は2部制。

昼の部はアニソンカバーで、夜の部はフルバンド。

どちらもわーすたにとっては初挑戦で、メンバーは自信を持って来て欲しい!って言ってたしその言葉を信じていたけど、正直不安な気持ちもあった。

 

昼の部のアニソンカバーライブは、決まった瞬間は面白そうと思った反面、こういう路線で行くのか?なんて素直に喜びきれない自分もいた。

でもアニソンが悪いなんてことは全くないし、むしろ日本の象徴でもあるアニメを世界標準の名の通り世界に広めるって意味ではピッタリだと思う。アニソンはいいゾ。(にわか)

 

そんな不安を良い意味で裏切るメンバーによるタグでの参加型の企画だったり、事前に披露する楽曲を発表する手法には驚かされた。

 

そうだ、わーすたってこういうグループだったんだ。って。

常にわーしっぷのことを考えて、楽しませてあげようと行動するメンバー。新しい挑戦だからこそみんなで作り上げていこうとする姿勢。

なんだか不安になっていた自分がバカバカしくなった。

 

メンバーに後押しされて気付かされたこともあって当日なんてテンションぶち上がりでSnow halationの落ちサビ用にUOを調達する程だった。

ここだけの話、UOが売っていなくて100均で買ったUOもどきを用意したわけだが、発光がしょぼすぎて全く映えなかった。ライブ中に思わず笑ってしまった。

 

セトリもアニソンには詳しくない自分でも9割は知っている楽曲で本当に楽しめたし、このアニソンカバーライブだけでも価値のあるライブだったなあって感じた。

 

というか、フルバンドにたくさんのアニソンカバー、どれだけメンバーは裏で努力したんだろう?新しく覚えることだらけで、本当にそんな大変なことを表にも出さずよく頑張ったなぁって。

しっかりと努力の分がパフォーマンスで表現出来ていたと思うし、あの瞬間に居合わせた自分は幸せだなあ。

 

 

そして、夜の部はフルバンドライブ。

 

わーすたの楽曲がフルバンドでアレンジされるって言われてもいまいちピンと来なかったし、どこまで仕上げられるのかな〜なんて期待はしていたけどどこかで一線を置いていた自分がいた。

 

フルバンドで映えるといえば、当然ロック調な楽曲が多いグループだろう。

自分が生でフルバンドのLIVEを見たことがあるのはPass Codeくらいかな。

フルバンド映えする楽曲ばかりが揃っているからもちろん相性は抜群に良かった。

 

そんなフルバンドが映えるグループを見たことがあったからこそ、わーすたの楽曲がどこまでフルバンドで面白くなるのかが全く想像できなかった。さっきからフルバンド言いすぎ問題。

 

まぁ、結論から言うと

「わーすたのフルバンドええやん...」

ってことです!!!!!!

 

ロックにロックにガンガン攻めるだけがフルバンドじゃない、そんな生後1ヶ月の赤ん坊ですら分かる(分からない)簡単なことを見落としていた。

 

元々フルバンド映えすると思っていた「完全なるアイドル」はもちろん、「Zili Zili Love」、「にこにこハンブンコ」、あっ挙げ出したら全部挙げちゃうやつ、、

 

こんなにわーすたの楽曲が面白くなるんだ、って何回思っただろうか。

特に「好きな人とか居ますか」のアコースティックVer.は凄くよかった(小並感)

アコースティックにアレンジされるのはちいさなちいさなだなって自分の中で確信を持っていたけど、完全に予想の斜め上を行かれた。

 

個人的に、本当に個人的に言うと「好きな人とか居ますか」は2人のダンスによる表現があっての楽曲だと思っていたから、踊らずに歌だけの表現で勝負するのは想像してなかったなあ。

 

アコースティックVer.でも三品が歌う「会いたくて会いたくて会いたすぎて瞳閉じた」の所は本当に良かった。

良かったって言葉しか出てこないのが自分の語彙力の無さを恨むけど、この感情をまとめるには良かったって言葉が合ってるかな。

 

たくさんの良かったが詰まったフルバンドライブだったけれど、中でも予想していなかったのが2曲もの新曲披露。

 

新曲披露はあるかな〜って思ってはいたけど、フルバンドに向いてるようなロック調の楽曲だと思っていたし、あっても1曲だろうと思っていた。

 

いやいや...2曲て...しかも2曲ともくっそエモい曲ですやん......

 

メンバー一人ひとりの表情が本当に涙を誘う楽曲だった。約束だから、ちいさなちいさなとはまた違う、これからのライブのセトリに入る場所によって意味が大きく変わる楽曲だと思う。

 

個人的にねえ愛してみては、いまはむかしと繋がってたりするのかなぁ、なんて妄想を膨らませられた楽曲だった。

こういうアンサーソングと位置付けていいのかは謎だけど、別の楽曲の物語の続きのような楽曲は本当にたくさんの想像ができて楽しいし面白い。

 

Stay with me babyは、個人的にねえ愛してみてよりメロディライン的にも、歌詞的にもこれからのライブで重要な役割を担う楽曲になるのかなって感じた。

メンバーの表情も、ダンスも本当に感情がこもっていたしこれから大切に大切に歌っていって欲しいなあ。

 

ただ、うるとらみらく〜略〜 贅沢なことを言えば盛り上がる曲が欲しかったなあなんて。

 

でも、この大きな節目になるであろうzeppで初披露をしたこの2つの楽曲の意味を見出すとこれで良かったんじゃないかなとも思う。

楽曲に正解はないってことだな(上手くまとめたつもり)

 

 

そして、このzepp公演を見た人が口を揃えて良かったって言葉が出てくるのはMCのおかげでもあるだろう。

 

本当に裏ではメンバーも不安で不安でいっぱいな気持ちで、毎日たくさんの壁にぶつかりながらここまで頑張ってきたんだなって伝わるMCだった。いやあれは涙なしでは聞けないわ。

柴田理恵なら業務用箱ティッシュを秒で使い切るレベル。

 

 

たくさんの想いが詰まったMCで、自分もたくさんのことを思ったけど、結局は感謝しかないね。

わーすたに出会えたこと、夢に向かって頑張るわーすたを応援できること、何もかもが感謝。圧倒的感謝。

 

ああ、正直書きたいことが多すぎてこれでもまとめたつもり(まとまってない)だけど、全ての感想を書くのってつまらないかなって思ったのでここらへんにしときます。

本当はメンバー一人ひとりたくさん書きたいことがあるけど、書き出したら書き終わる気がしないのでまたの機会ってことで。

 

凄い中途半端な終わり方だけど、こういう終わり方もいいんじゃないかなって。

決して面倒臭くなったわけではない、決して。

続きがあるかは分からないけど、気が向いたら、気が向いたら(強調)書こうかな、、??、、???

 

 

あ、それと特典の猫耳が思った以上に良かった。

グッズは飾らない主義だけど、今回は大切に思い出として飾らせていただきます。

f:id:days-resound:20170424234113j:image

 

これからのわーすたがどこまで行くのかは分からないし予想もつかないけど、夢があるなら付いていくつもりです。ほとんど在宅の弱いオタクですいません。

 

とりあえずわーすたのzepp公演は凄かったって話。